紅玉のジュレ

今年も楽しみにしていた紅玉がやってきました。
毎年、真っ赤な紅玉を目にする度に、一年の移り変わりの速さを感じます。
昨年の今頃は何をしてたっけ?と思い起こしながら、
今年もやっぱり紅玉のジュレを作りました。
レシピは、いがらしろみさんの本より。
いつも、真っ白なル・クルーゼでふつふつと作ります。
白い鍋の中でいつの間にか可愛いピンク色に変わり、出来上がったら
ウェックの瓶に流し入れていきます。
少しとろみがあり、りんごの香りがスーッと漂ってくると、いつもながら味見をしたくて
たまらなくってきます。



c0139023_755068.jpg



我が家の冷蔵庫は、これからヨーグルトのストックが欠かせなくなってきます。
このジュレを作ると、必ず毎日ヨーグルトにかけて食べるんです。
毎朝、子供たちはこのヨーグルトを食べるのが楽しみで、最後にとっておいた
ヨーグルトを食べるために、朝ごはんを食べるスピードがグン!とアップします。
ヨーグルトの酸味と、りんご風味のジュレがぴったり。
毎年、りんごの季節は、このジュレから始まりです。


c0139023_75599.jpg



りんごのジュレは、この本のレシピです。

ジャムのお菓子―作っておけば、いつでもおいしい (AC mook)

いがらし ろみ / アスコム




ランキングに参加しています。1クリック押していただけると、とっても嬉しいです♪


[PR]
by soyon2 | 2012-10-16 08:14 | その他

 おやつ屋Cu: pan屋kuu


by soyon2