カンパーニュ

冷蔵発酵でカンパーニュ。
北海道産の粗挽ライ麦粉を使うと、とても香ばしくて甘みのあるカンパーニュになるので、
気に入っています。
粉は、ライ麦 2 : リスドォル 8 の割合。
前日にちょちょっと捏ねてから、冷蔵庫で半日ほど置いておくと、ふっくらと発酵。
翌日は、丸めて焼き上げるだけなので、本当に楽チン。
しっかり焼きあげると、皮がより香ばしくてライ麦のうまみがもっと増す感じ。
カンパーニュのこの縄状の模様や、十字のクープも好きで、
いつも焼き上がりが楽しみなパンです。


c0139023_6568.jpg



今回は、パニーニを作りたくって、このカンパーニュを焼いたのです。
筋状のプレートの跡が残り、こんがりと焼けたパニーニ。
ビタントニオで作ると、3分ほどで作れます。
おうちでパニーニが作れるようになったのが嬉しい!


c0139023_651832.jpg



フィリングは、ハム、レタス、2種類のチーズのみ。
ホットサンドに比べると、みっちりと噛み応えのある感じで、この食感も美味しい。
最近、ガシっと系の食感も好きになりました。
シンプルだけど、このハムチーズの組み合わせが一番好き。
カンパーニュの香ばしいサンド、ついついはまる美味しさです。


c0139023_653233.jpg



ランキングに参加しています。1クリック押していただけると、とっても嬉しいです♪


[PR]
by soyon2 | 2012-06-30 06:38 | パン

 おやつ屋Cu: pan屋kuu


by soyon2