ふわふわ手ごねパンとドーナッツの本

パン作りを始めたきっかけは、義母に贈ってもらったホームベーカリーが始まりでした。
ホームベーカリーで作った出来立てパンの美味しいこと!
家で作るパンの美味しさを知ってから、どんどん焼きました。
機械任せで焼いていたものの、それでは物足りなくなってきて、捏ねは機械、成形は自分で・・・
それでもなんだか物足りなくなってきて、長女の出産をきっかけに、手ごねを始めるようになりました。

最初はただの粉だったのに、捏ねていくうちに生地へと変わる様子を手で感じとれるのが面白く、
パンを作っているんだという実感がフツフツと・・・
この粉は、こんなにべとべとするのか・・・生地がだんだんつながってきたな・・・とか
そんな風にして出来上がったパンは、とても可愛らしく、自己満足の世界に浸れます(笑)


                               黒糖パン

c0139023_643629.jpg



この本には、そんな私の手ごねの様子が、順を追ってとても詳しく描かれています。
捏ね方は、人それぞれ。
何が良くて悪いとかというよりも、おうちぱんは、自分が一番作りやすく無理のない方法でよいのでは。と思っています。
今まで、いろんな教室で、いろんなこね方を見てきましたが、本当に様々!
そんな中で、今、私にとって一番作りやすい方法で作っています。

もちろん、ホームベーカリーでもOK。
ライフスタイルに合わせた方法でよいのです。
本屋さんへ行って驚くのは、最近、ホームベーカリーの本が多いこと!
ほんと、普及率が凄いのですね・・・


                              フォカッチャ

c0139023_654100.jpg




                              シナモンロール

c0139023_652959.jpg



プロセスカット(工程写真)が盛り沢山なのですが、この写真は、主人に撮ってもらいました。
これが、本当に大変で・・・づ・づ・づかれました・・・

写真は、何事もなく涼しげな感じですが、現場は熱く!熱く!(笑)私の声が響いています!
パンを作ったことがない人が撮ると、ここ!というポイントが分からないようで・・・
手先を撮ってほしいのに・・・なぜボールの底を???(←絶叫!!!)なんて、ことが多々あって。。。
手を動かす以上に、口を動かさないといけないので、疲労倍増(笑)

けれど、何度も撮っているうちに、彼もポイントをつかんでくれ、安心してお任せできるようになりました。
あれこれ言われつつも、文句も言わず(←けど、顔は怒っていた・・・)、頑張って撮ってくれ、
本当に感謝しています。
私的には、ずらりと並んだ工程写真を見るのは、楽しくて好きなんです。


c0139023_655691.jpg


c0139023_6135052.jpg

11月12日 私のレシピ本が出版されます。
「ふわふわ手ごねパンと
        ドーナッツの本」
     主婦と生活社

c0139023_6133643.gif 楽天ブックスはこちら

c0139023_19222834.gifamazonはこちら



ランキングに参加しています。1クリック押していただけると、とっても嬉しいです♪


[PR]
by soyon2 | 2010-10-28 08:38 | その他

 おやつ屋Cu: pan屋kuu


by soyon2