ガレット・デ・ロワ

ガレット・デ・ロワ
日本でもよく耳にするようになったフランスの伝統菓子
1月6日の公現祭(エピファニー)の日に、家族で切り分けて食べ新年を祝うそう
フェーブ(陶器製の人形)が仕込まれていて、切り分けた中にフェーブが入っていた人は、その日1日王様に、そして、1年間幸福が続くといわれています

ちょうどその日に、るいさんが山ほどパイを作って持ってきてくれました
しっかり焼きこんであるので、カットするとザクザクと音が!
待ちきれずに群がる子供達・・・食べる気満々で待ち構えてます


c0139023_6223620.jpg



朝から、どんだけ焼いてるのか!?
ほら・・・ほんまにパイ尽くしでしょう(笑)
ガレット・デ・ロワの他に、中にカスタードや餡子が入ったちっちゃなパイも!
どれもバターの風味がたっぷりでザクザク!
ダマンドは、ホコホコしてお芋みたい
あまりにも美味しくって、みんなで夢中で食べました(笑)


c0139023_6231127.jpg


c0139023_6235043.jpg



お楽しみのフェーブは誰の手に!?
実は、私のパイの中に・・・子供達にものすご~く睨まれちゃったけど(笑)
今年一年、いいことあるのかな(*^.^*)


c0139023_6242040.jpg


美味しいパイに楽しいお喋り!もちろん、妄想話も盛り沢山~(笑)
るいさん。新年早々、楽しい一時をありがとう!
今年も前進あるのみ!充実した一年にしましょう(*^.^*)

ランキングに参加しています。1クリック押していただけると、とっても嬉しいです♪


[PR]
by soyon2 | 2010-01-08 09:07 | お菓子

 おやつ屋Cu: pan屋kuu


by soyon2